結婚相談所とは結婚を前提・・・

結婚相談所は結婚を希望する独身の男性・女性の会員に、結婚を前提とした出会いを提供し、出会いの際の日時調整から、引合せ、交際から結婚に到るまでのフォローなども含めてサービスを提供する結婚情報サービスの業者、または公共のサービスをさしています。

規模は従業員数名の業者から、会員数数千名の会社まで、また市役所、村役場など大小の相談所が全国で数多く存在しているようです。

入会資格は、独身で結婚を前提とした付き合いを希望する人で、国際結婚希望者や、身体障害者で結婚を希望する人といったような、細分化されたサービスを提供する業者もあるようです。

男性は女性に対し、一定の容姿や若さを重視する傾向があるため、女性の年齢制限があることが多いようです。
女性側からの男性の希望は、一番に安定した収入が求められていて、年齢制限は緩いものの、定職についているということが入会の必須条件になっている会社も多いようです。
また入会資格に職種や収入で入会制限をしている業者もあり、独身であることの証明(戸籍抄本など)、卒業証明、在職証明など、入会時に本人確認の書類提出を必要とする会社がほとんどです。

結婚相談所のサービス内容について・・・
独身男女の”出会い”に重きを置いている結婚情報サービスに対し、結婚相談所は、会員に”結婚”してもらうことに重きを置いています。費用は成果報酬型(成婚料)を採用している会社が多い。最近では、専属のカウンセラーがつき、結婚まできめ細かなアドバイスやフォローが受けられる結婚相談所に人気があつまりつつあるそうです。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』抜粋
posted by ブライダルマン at 01:10 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。